育毛剤の使い方

自分にもし禿げが見つかったらと考えると恐ろしいですよね。
しかし、もしそうなったとき、あるいはすでにそうなり始めているときにしっかりとした対策を知っていることで、禿げの進行を止めたり禿げを回復したりすることができます。
なのでしっかりとした対策を身に着けておくことが大切です。
そこで今回はあまり知られていない育毛剤の使い方を説明します。
育毛剤もただ使えばいいということはなく、正しい使い方をして初めて効果が発揮されるものなのです。
423c1b6a322813cad1f3a5e296f89751_s
まずは基本的な育毛剤の使い方ですが、櫛を使って髪の毛をといていきます。
この時注意なのが髪をとくのは髪を洗った後ではなく、髪を洗う前だということで、髪をといた状態でお風呂に入るということが重要になっています。
さらに櫛で髪をとくということは、マッサージの効果もあり、髪が刺激されることで頭皮の血行を良くします
ff367a0023314637728a591d7a453d29_s
次に髪をシャンプーで洗髪していきます。
ここでもしっかりとした手順があり、まずは何もつけずにシャワーだけでしっかりと1分程度髪を流していきます。
これだけで髪の汚れの大半が落ちていきますので、しっかりと洗い流しましょう。
次にシャンプーをつけていきます。
シャンプーはしっかりと泡立ててから髪につけるようにします。
adaebacb295926543e3d1a7abf1dfa9e_s
ちなみに最初から泡の状態で出てくるシャンプーもあるので、そちらを使うこともオススメです。
シャンプーで髪を洗うときは爪は決して立てずに、指の腹の部分を使って優しくマッサージするかのように洗います。
この時汚れを落としているということを意識するといいです。
先ほど櫛で髪をといたことで汚れが落ちやすくなっているのも思い出しましょう。
dfb24ce2f744733da2d1866e1e558bec_s
そしてシャンプーを洗い流す時のすすぎが重要で、2分程度シャワーでしっかり洗い流します
この時のすすぎが十分でないと、残った泡で髪が傷んでしまいます。
8c78945adc5eeb434d4658f35cbd1b8c_s
そしてついに育毛剤をつけます。
育毛剤は髪というよりは頭皮につけるといった感じでつけていきます。
最後にドライヤーを使って乾燥して、マッサージをすることですべての工程は終了となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>